社内運動会の種目一覧

後ろ向き競争

  • 同時参加人数~2名
  • 競技時間1分
  • 社内運動会
  • ファミリーイベント
  • 変わった運動会
  • 企業対抗戦
  • 社内コミュニケーション
  • チームビルディング
  • 競争型イベント
  • 働き方改革(場所・時間)
  • アイスブレイク
  • イベントプロモーション

一般的な徒競走とルールはほとんど同様。後ろ向きに走ることが特徴で、足が遅い人でも1位になれる可能性があり、小さな子供から大人まで参加できる。リレー形式で行うことも可能。シンプルな競技のため、さまざまなアレンジが考えられる。たとえば、コースの途中でコスチュームを変更したり、走りにくくするために、わざと下駄やサンダルを履いたりするなどのアレンジを利かせてもよい。また、障害物競走の1つとして取り入れることも可能。

参加人数

8名~48名程度

詳細ルール

・ 最低2チームでの対戦
・ 試合開始の合図があるまでは、スタートラインで待機
・ 合図のあと、一斉に後ろ向きで走る
・ 最初にゴールを通過した人が勝者となる

後ろ向き競争で勝利するためのポイント

後ろ向き競争の勝敗を決めるのは、スピードや瞬発力。ただし、普通に走るのと異なり、ゴールが見えないことや足がもつれるといったトラブルに注意が必要である。
・ 普通に歩くときとは違う筋肉を使うため、本番で足がもつれないように、走りやすいフォームを考慮する
・ 縄跳びの後ろ飛びなど、同じような足の使い方をする練習方法を考える
・ 怪我を防止するため、まずは徒歩~競歩ペースで練習する
・ コースアウトが懸念されるため、足元のラインを確認しながら走る

後ろ向き競争に期待されるメリット

後ろ向き競争は上記のような性質から、以下のような効果が期待される。
・ 瞬発力の向上
・ 運動能力の向上
・ 運動不足の解消

後ろ向き競争に関係するおすすめ競技

条件から検索

同時参加人数
一回あたりの競技時間
利用シーン※複数選択可
主な目的※複数選択可

手間を省きたいなら・・・

専門のプロへご相談
イベントのご相談

株式会社IKUSAの

料金はこちら
料金について

運動会のプロに

すぐ相談
03-5960-0193 03-5960-0193

株式会社IKUSAの

人気の運動会の
資料ダウンロード