社内運動会の種目一覧

お邪魔玉入れ

  • 同時参加人数~20名
  • 競技時間3分程度
  • 社内運動会
  • ファミリーイベント
  • 変わった運動会
  • 企業対抗戦
  • 社内コミュニケーション
  • チームビルディング
  • 競争型イベント
  • 働き方改革(場所・時間)
  • アイスブレイク
  • イベントプロモーション

基本の玉入れのルールに加えて、敵チームがお邪魔棒を使って玉入れを阻止する競技。お邪魔棒を避けて籠に玉を入れる戦略性と、敵チームの玉が入らないようにタイミングよくお邪魔棒を使うテクニックが問われる。定番の玉入れをおこなったあとに続けて開催することが可能。幼稚園~学生の運動会に活用されているほか、基本ルールの玉入れでは物足りない企業のレクリエーションとしても楽しめる。

参加人数

10~120人程度を推奨

詳細ルール

・ 最低2チームでの対戦
・ 試合開始の合図があるまでは、自分のチームの枠のへりで玉を2つ持ち待機。お邪魔棒を持った敵チームが1人、籠の下で待機。
・ 各チームの枠内に散らばった玉(主にお手玉状のもの)を、高い位置にある籠めがけて投げる。敵チームはお邪魔棒を使い、玉が籠に入らないようにブロックする。
・ 制限時間内に一番多くの玉を籠に入れたチームの勝利

お邪魔玉入れで勝利するためのポイント

お邪魔玉入れは、お邪魔棒を避けて玉を入れる戦略性と、敵チームの玉をできるだけ籠に入らないようにブロックするテクニックが重要。
・ お邪魔棒に当たらないタイミングで玉を投げる
・ お邪魔棒に当たらない角度で玉を投げる
・ お邪魔棒が自分の正面にいないときに玉を投げる
・ お邪魔棒を籠の近くに寄せて玉をブロックする
・ お邪魔棒をたくさん動かして玉をブロックする

お邪魔玉入れに期待されるメリット

お邪魔玉入れは上記のような性質から、以下のような効果が期待される。
・ 戦略性の向上
・ 判断力の向上
・ 柔軟な発想を生む
・ チームワークの強化

お邪魔玉入れに関係するおすすめ競技

条件から検索

同時参加人数
一回あたりの競技時間
利用シーン※複数選択可
主な目的※複数選択可

年間150件以上のリアルイベント開催実績

専門のプロへご相談

IKUSAがプロデュースする

人気の運動会はこちら

お気軽にお問い合わせください

今すぐ電話で相談
03-5960-0193 03-5960-0193

専門ページでわかりやすい

料金はこちら
料金について

チームビルディングできる
運動会ならIKUSA、
豊富な実績を元に
私たちが支援します。

\種目や活用事例がわかる/

資料ダウンロード

\内容が決まってなくてもご提案します/

無料で相談する