社内運動会の種目一覧

ボールがいっぱい

  • 同時参加人数~2名
  • 競技時間1分
  • 社内運動会
  • ファミリーイベント
  • 変わった運動会
  • 企業対抗戦
  • 社内コミュニケーション
  • チームビルディング
  • 競争型イベント
  • 働き方改革(場所・時間)
  • アイスブレイク
  • イベントプロモーション

ボールがいっぱいは、くじで引いた数のボールを抱えて行う徒競走。ボールのサイズや数でアレンジが効く。箱を使ってもよいといった工夫を加えれば、小さな子どもから楽しむことが可能。「落とさずに走ろう」というやる気を出すために、ボールにイラストを書いたり人形に変えたりといった方法も考えられる。ボールの数を決めるくじ運も重要といえるが、徒競走で早くゴールに向かうこともカギとなる。

参加人数

8名~48名程度を推奨

詳細ルール

・ 最低2チームでの対戦
・ 試合開始の合図があるまでは、スタートラインにて待機
・ 合図後、くじが置かれたところまで走る
・ くじに書かれた数だけボールを抱えてゴールを目指す
・ 最初にゴールを通過した人が勝者となる

ボールがいっぱいで勝利するためのポイント

ボールがいっぱいはスピードも重要だが、運に大きく左右される。
・ ボールを落とさないように、数に合わせた持ち方を考える
・ ボールだけに気をとられず、前を向いて走る
・ ボールの数が多いときには、スピードよりも歩幅を意識して大股で歩くなど、柔軟な対応を取り入れる

ボールがいっぱいに期待されるメリット

ボールがいっぱいは上記のような性質から、以下のような効果が期待される。
・ 瞬発力の向上
・ 柔軟な発想を生む
・ 運動能力の向上
・ 臨機応変な対応力

ボールがいっぱいに関係するおすすめ競技

条件から検索

同時参加人数
一回あたりの競技時間
利用シーン※複数選択可
主な目的※複数選択可

手間を省きたいなら・・・

専門のプロへご相談
イベントのご相談

株式会社IKUSAの

料金はこちら
料金について

運動会のプロに

すぐ相談
03-5960-0193 03-5960-0193

株式会社IKUSAの

人気の運動会の
資料ダウンロード