社内運動会TIPS

社内運動会で期待できる効果とは?準備時の注意点・事例も紹介!

社内運動会で期待できる効果とは?準備時の注意点・事例も紹介!

全国の会社で復活の兆しを見せているのが「社内運動会」です。社内運動会を実施すると、さまざまな効果が期待できます。本記事では、社内運動会で期待できる効果の他に、運動会の準備を行う時の注意点などを載せております。なお、終盤には企業の運動会事例を3パターン載せてあるので参考にしてみてください。

社内運動会で期待できる効果は?

社内運動会を開催すると、いろいろな効果が期待できます。はじめに、期待できる効果を見てみましょう。

チームワーク・団結力を高められる

社内運動会の最大のメリットは、チームワーク・団結力の強化が期待できることです。チームワーク・団結力が強化されると、仕事上のコミュニケーションが円滑にとれて業務がスムーズに進むきっかけとなります。

職場でのイメージUPへつながる

職場でのイメージが悪い人が仕事中とは違う一面を出すと、イメージUPへつながります。職場内での関係性が、運動会前と後で変化するかもしれません。

会社のイメージUPへつながる

会社が社内運動会をアピールして、会社のイメージUPへつながる場合があります。会社のイメージが上がって「売上UP」「株価上昇」になれば、従業員・株主への利益還元も可能です。株主に自社株を購入してもらったり社員に長く働き続けてもらったりする意味でも会社のイメージUPは重要です。

社員の気分転換になる

社内運動会で社員が気分転換できれば、ストレス解消につながります。精神面が安定すると、うつ病などの精神疾患にかかる確率も下がり働きやすくなるでしょう。

健康への意識を高める機会になる

社内運動会に参加すると、自身の身体を考える機会が増えます。例えば「息切れが激しい」と感じた人のなかには、運動会後に「禁煙」「ダイエット」に励むなど、健康志向が強くなる人もいます。健康への意識が高い人が増えれば、体調不良で欠勤する従業員も減るかもしれません。

社内運動会の準備(企画・種目選び含む)で注意すべきことは?

社内運動会の成功率は、準備で決まるといっても過言ではありません。この章では、社内運動会の準備での注意点を紹介します。

運動が苦手な人でも楽しめる企画にする

運動会に参加する人が全員、運動神経がよい人とは限りません。運動が苦手な人でも楽しめる企画を選びましょう。「玉入れ」など、運動神経が重視されにくい競技を組み込むことをおすすめします。

団体種目を入れる

団体種目は、チームワーク・団結力が高まりやすいためおすすめです。「ムカデ競争」「玉転がし」「玉入れ」などがあります。チームメンバー同士が協力し合える状況を運動会に盛り込んでみましょう。

ルールが分かりやすい種目を選ぶ

簡単なルールの種目を盛り込んで、老若男女楽しめる運動会にすることも大事です。運動会に参加している人の中には「仕事で頭を使っているから、運動会では頭を使いたくない」「仕事の疲れが溜まっているから身体を動かしたくない」という人もいます。社内運動会はリフレッシュしてもらう場でもあるため、ルールの分かりやすさは意識しましょう。

観覧者が楽しめる運動会にする

競技に参加している人だけでなく、観戦中の人も楽しめる運動会をつくりあげるのも大事です。例えば「見せ場が多い種目を増やす」「感動する企画を準備する」などです。競技参加者&応援者ともに充実感を感じる企画にしましょう。

ケガ人が出た時の準備をしておく

運動会でケガ人が出た時にどのような対応をとるかも決めましょう。「救急箱の準備」「救護室の設置」「最寄りの医療機関のチェック」など、やるべきことは多いです。救急対応が遅れることによって大事に至る場合もあるため、準備はしっかりとしておきましょう。

社内運動会で使える会場を紹介

企業運動会で利用できる場所を見てみましょう。各会場のメリット・デメリットを交えて紹介させていただきます。

運動場(屋外グラウンド)

運動場は広い場所も多いため、大人数での運動会にも向いています。場所によっては、1時間1,000円前後で借りられる場所もあるので、大規模な運動会を少ない予算で行いたい場合にはピッタリです。ただ、雨天中止や熱中症など、天候によるリスクが潜んでいます。梅雨や猛暑日(6月~9月)の時期は避けた方がよいかもしれません。

フットサルコート

小規模の運動会なら、フットサルコートを使うのも1つの手です。屋根が付いていたり人口芝生が敷いていたりする場所もあるため、比較的過ごしやすいでしょう。ただ、フットサル以外の目的での利用を禁じている場所もあるため、事前にチェックしておきましょう。

キャンプ場

緑が多く茂るキャンプ場での運動会も可能です。鳥のせせらぎや川の流れる音を聴ける場所だと格別に感じるかもしれません。キャンプ場で調理した料理を食べながらの運動会もよいでしょう。

しかし、キャンプ場の利用者が多い時期の運動会は、周囲に迷惑をかける恐れがあります。さらに、山中での運動会だと天候が急変する恐れもあるため、ゲリラ豪雨が起こった時の対応も考えた方がよいでしょう。雨宿りできる場所が確保できるキャンプ場を利用しましょう。

体育館

市区町村が所有している体育館であれば、1時間1,000円前後で借りられる可能性があります。小学校・中学校の体育館を貸している自治体もあります。体育館での実施だと、天候に左右されることはほとんどありませんが、冷房・暖房がついていない体育館も多いため「暑さ・寒さ対策」は必要です。

(野球やサッカーで使う)ドーム型の施設

ドーム型の施設には、地面が土のところもあれば人工芝のところもあります。場所によっては、ドームの屋根を開閉できるため、太陽の光をドーム内に入れることも可能です。ただ、ドームの中には1時間のレンタル料が50万円を超えるケースもあるため、レンタル料を安く抑えたい会社には向いていません。しかし、公営のドームであれば安く使えるケースもあります。

社内運動会の事例を3パターン見てみよう

社内運動会で注目された会社もあります。最後の章では、実際にどんな運動会が行われているか、3つの事例をもとに見てみましょう。

デンソーの運動会

株式会社デンソーは、約3,000人が参加する大運動会を開催しました。社内で行われる予選会に突破しなければ運動会に参加できないため、ツワモノが勢ぞろいだとか…! とくに、綱引きは数ある種目の中でも特に盛り上がる競技で、運動会前に練習する人もいるようです。

スーパーヤオコーの運動会

スーパーヤオコーの運動会は有名人が出演することもあり、埼玉県内でも大注目されている一大イベントです。運動会当日は店舗が全店休業日となり、全店の従業員が「さいたまスーパーアリーナ」へ集結します。大注目されていることもあり、会社の宣伝にもつながっているようです。

スターティアグループの運動会

スターティアグループでは「筋肉祭り」という名前で、2008年から実施されています。玉入れや大玉転がし、リレーなどの定番種目の他に早押しクイズなど頭脳を使う競技もあるようです。参加者全員が楽しめる運動会を作っている会社だといえるでしょう。

社内運動会で、会社をよくしてみませんか?

社内運動会が成功すれば、会社に利益をもたらす可能性があります。ただ、運動会を成功させるには綿密な準備が必須です。運動会の準備をスムーズに行えない場合は、運動会の準備を手伝ってくれる業者へ依頼するのも1つの手です。会社が運動会に携わる度合で、業者への委託量を決められます。運動会開催で会社にメリットを与えたいと思っている人は、運動会の準備を業者に任せてみてはいかがでしょうか?

※本記事の内容などは20189月現在のものです。

 

 

参考サイト:

手間を省きたいなら・・・

専門のプロへご相談
イベントのご相談

株式会社IKUSAの

料金はこちら
料金について

運動会のプロに

すぐ相談
03-5960-0193 03-5960-0193

株式会社IKUSAの

人気の運動会の
資料ダウンロード