社内運動会TIPS

社内レクリエーションに最適 チーム対抗戦ができるアクティビティ10選

社内レクリエーションに最適 チーム対抗戦ができるアクティビティ10選

「社内イベントでレクリエーションをやることになったけれど、どんなアクティビティを選べば良いかわからない」。レクリエーションの企画を担当していると、こんな悩みを持つ方は多いものです。


社内イベントのレクリエーションにおすすめなのは、チーム対抗戦ができるアクティビティです。社内交流の円滑化にも繋がるのでぜひ検討してください。
この記事では、社内レクリエーションにぴったりのチーム対抗アクティビティを10種類紹介します。また、アクティビティを選ぶための基準も紹介しますので、レクリエーション選びの参考にしてください。

アクティビティを選ぶ基準

まずは、何を基準にアクティビティを選べば良いかを考えてみましょう。基準はいくつか存在しますが、考慮が必要なのは以下の3点です。

  • 参加者の層
  • 予算
  • 参加人数

それぞれ詳細を見ていきましょう。

参加者の層

参加者の層によって適したアクティビティは変わってきます。年齢・性別・体力などをみて、どんな内容が良いか考えていきましょう。
「男女比が半々くらいなので体力差がでないアクティビティが良い」
「ファミリーイベントで子供も参加するから、ルールが優しいものにしよう」
こんな具合に内容を絞り込んでいきます。後ほど、チーム対抗戦ができるアクティビティを特徴別に紹介しますので参考にしてください。

予算

レクリエーションにどの程度予算を使えるかも重要なポイントです。低予算であれば、会場はオフィス内で、道具も自前で用意するなど工夫が必要になります。
ある程度の予算が使えるのであれば、規模の大きい施設の利用や、用具のレンタルなども可能です。また、イベント会社に運営を外注することも選択肢に入るでしょう。
レクリエーションに使える予算はどの程度なのか、企画前にあらかじめ把握しておいてください。

社内イベントは外注がおすすめ 企画・運営会社を選ぶコツとおすすめ10社を紹介

参加人数

どの程度の人数が参加するかによって、チームの規模や実施できるアクティビティが変わってきます。イベント内容を決める前に、参加人数を調べておくことをおすすめします。

【タイプ別】レクリエーションにおすすめのアクティビティ10

ここからは、実際にどんなアクティビティが良いのか、特徴ごとに紹介していきます。参考になりそうなものをチェックしてください。

  • 子供から大人まで楽しめるアクティビティ
  • 屋内で遊べるアクティビティ
  • 屋外で遊べるアクティビティ

それでは順にチェックしていきましょう。

子供から大人まで楽しめるアクティビティ

まずは、年齢を問わずに楽しむことができるアクティビティです。戦略的でユーモアがありつつも、体力の差が出にくいものを集めています。

チャンバラ合戦 IKUSA-

チャンバラ合戦は、株式会社IKUSAが提供するアクティビティです。スポンジの刀で相手の腕につけた「命」と呼ばれるボールを落とし合います。
基本はチーム戦で、敵を多く倒したチームが勝利となる「全滅戦」や、どちらかのチームの大将が討たれた時点で終了となる「大将戦」など、幅広い遊び方が可能です。
ルールもシンプルで体力差が出にくく、誰もが楽しめるアクティビティとして好評を博しています。

チャンバラ合戦団体旅行向けの資料ダウンロードはこちらチャンバラ合戦団体旅行向けのお問い合わせはこちら

ジェスチャーゲーム

チームの代表者がお題をジェスチャーで表現して、他のメンバーは何を現しているのかを当てるゲームです。モノや動物といった簡単なお題から無茶振りに近いものまで、テーマ次第で難易度が変わります。お題に社内ネタを登場させるなど、工夫次第で盛り上げることが可能です。

競歩ドロケイ

競歩ドロケイは、誰もが知っているドロケイを競歩で行うものです。追いかける方も逃げる方も早歩きのため、見た目はかなりシュール。非常にユーモラスなゲームのため、レクリエーションを盛り上げることができます。
ドロケイは逃げるだけでなく隠れることもできるので、比較的体力の差が出にくい遊びです。

屋内で遊べるアクティビティ

次に、屋内で遊べるアクティビティを3つ紹介します。会議室など、社内で行うことができるので、会場を借りる予算を捻出できない場合にもおすすめです。

謎解き脱出ゲーム

謎解き脱出ゲームは、株式会社IKUSAが提供する頭脳型屋内アクティビティです。与えられた謎をチームで協力して解き、決められた空間からの脱出を目指します。脱出にはチーム全体の協力が不可欠なので、チームビルディングにもおすすめできます。2チームに分かれて、脱出までの時間を競うなど、対抗戦も可能です。

嘘つきは誰だ!ゲーム

複数人で同じことを行い、一人だけ嘘をついている人を当てるゲームです。
「一人だけ熱いお茶を飲んでいない人」
「一人だけ買い物袋が軽い人」

など、テーマは多岐に渡ります。早押しやポイント制の導入など、こちらも工夫次第で対抗戦にすることが可能です。

オフィスチェアやぶさめ

企業のオフィスならどこにでもあるローラー付きのオフィスチェアを使用し、ダーツでやぶさめを行います。
普段業務で使用している椅子を遊びに使うことと、プレイ中の見た目がシュールなことから盛り上がるアクティビティです。
オフィスチェアはローラーだけでなく座面も回転するため、椅子を押す相方とのチームワークが重要です。

屋外で遊べるアクティビティ

最後に、屋外で遊べるアクティビティを紹介します。チームワークが必要なものから運動不足の解消になるものまで4つピックアップしました。外で思いっきり遊びたい場合におすすめです。

宇宙人鬼ごっこ

宇宙人鬼ごっこは、鬼ごっこをアレンジした遊びです。参加者は3種類の宇宙人のうち、どれか1種類になりきり、他の星の宇宙人の征服を目指します。
あらかじめ宇宙人の種類ごとに違うポーズを割り当てておき、同じ宇宙人同士でチームになります。スタートしたら、ポーズをとりながら違うチームの宇宙人をタッチします。タッチされた人はタッチした人と同じ宇宙人になります。
1種類の宇宙人が完全に征服するか、時間切れの際に最も人数の多い宇宙人のチームが優勝です。

510

運動会の鉄板競技、二人三脚を5人で行うアクティビティです。シンプルな競技ですが、人数が多くなかなか前に進まないため、息の合ったチームワークが必要になります。
年代別や役職別、チーム別に戦うのも盛り上がります。

アルティメット

アルティメットは、フライングディスクを投げて行うサッカーのような競技です。フライングディスクをパスしながら相手ゴールへのシュートを目指します。本来は空中でのキャッチがルールですが、参加者の運動神経なども考慮しつつローカルルールを決めても良いでしょう。
ある程度激しい運動になるので、体力自慢が多い職場向けです。

サバイバルゲーム

銃撃戦を模した戦略性の高い屋外ゲームです。チームに分かれてエアガンで撃ち合い、勝敗を競います。
エアガンとはいえ、弾が目などに当たると大変危険です。そのため、露出のない服装やゴーグルの着用などが必須です。
銃や装備の他に、専用のフィールドもレンタルしなければなりません。そのため比較的予算を多めに確保できる場合におすすめのアクティビティです。

株式会社IKUSAでは、サバイバルゲームと企業研修を組み合わせた「サバ研」の企画・運営を行っています。大人気のサバイバルゲームを社内イベントに活用したいという方はぜひお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

まとめ

社内レクリエーションで、どんなアクティビティを選べば良いかは悩みどころ。せっかくなら社員全員が楽しめるものを選びたいですね。
どんなアクティビティが適しているかは、参加者の層や予算などによって異なります。どれを選べば良いか分からないときは、アンケートなどで参加者の希望を調べるのも良い方法です。今回ご紹介した選定基準やアクティビティの例を参考にして、誰もが楽しめるレクリエーションにしましょう。

会社レクのおすすめ人気企画50選【スポーツ系中心・定番~面白】

参考サイト:

 

手間を省きたいなら・・・

専門のプロへご相談
イベントのご相談

株式会社IKUSAの

料金はこちら
料金について

運動会のプロに

すぐ相談
03-5960-0193 03-5960-0193

株式会社IKUSAの

人気の運動会の
資料ダウンロード