社内運動会の種目一覧

バックスロー玉入れ

  • 同時参加人数~20名
  • 競技時間3分
  • 社内運動会
  • ファミリーイベント
  • 変わった運動会
  • 企業対抗戦
  • 社内コミュニケーション
  • チームビルディング
  • 競争型イベント
  • 働き方改革(場所・時間)
  • アイスブレイク
  • イベントプロモーション

バックスロー玉入れは平面玉入れのルールに、かごに背を向けてから玉を投げる、必ずアンダースローで投げなければならない、というルールが追加されたものでこのふたつ以外には違いはない。投げるときは上半身や首をひねってかごを見ながら投げることは認められている。記憶力と集中力がカギとなる。

参加人数

30~80名を推奨

詳細ルール

・ 通常の玉入れと同じく紅白2チームに別れて競い合う
・ 半径5メートルぐらいの円(参加人数が多ければ調整)の中央にかごを設置する。かごは地面に直接置くか机の上に置くか選択できる
・ 試合開始の合図で、円の外から玉を投げ入れる
・ 投げる際には必ず背を向けてアンダースローで投げる
・ 入らなかった玉は円の中に拾いに行くことは出来るが、投げる際には必ず円の外まで戻る

バックスロー玉入れで勝利するためのポイント

通常の玉入れと同じく、バックスロー玉入れでもいかに効率よくかごに玉を入れるかがポイント。
・ 玉を拾い集める人と玉を投げるというように役割分担すると効果的
・ それぞれの役割を果たすために声を掛け合う
・ みんなでタイミングを合わせて投げることで、かごの上で多方向から飛んできた玉がぶつかり、かごに入りやすくなる
・ 背後のかごを見ることは許されるのでよく見て狙いをつける
・ 玉は積み重ねてひとつにまとめてから投げるというのも効果的

バックスロー玉入れに期待されるメリット

バックスロー玉入れは上記のような性質から、以下のような効果が期待される。
・ みんなで熱中して楽しむことで連帯感がうまれ、チームワークが向上される
・ 効率的に進めるにはどうすればいいのか作戦を練ることで柔軟な考え方と判断力を養う
・ バックスローでコントロールしながら投げるタイミングや方向性を考えることで、調整力が養える

バックスロー玉入れに関係するおすすめ競技

 

条件から検索

同時参加人数
一回あたりの競技時間
利用シーン※複数選択可
主な目的※複数選択可

手間を省きたいなら・・・

専門のプロへご相談
イベントのご相談

株式会社IKUSAの

料金はこちら
料金について

運動会のプロに

すぐ相談
03-5960-0193 03-5960-0193

株式会社IKUSAの

人気の運動会の
資料ダウンロード