社内運動会TIPS

健康経営のメリットとデメリットは?成功させるポイントは

健康経営のメリットとデメリットは?成功させるポイントは

「健康経営」という会社経営の方法が注目されていますが、健康経営にもメリットとデメリットがあります。健康経営を成功させるには、メリットを最大化して、デメリットを最小限にすることが求められます。この記事では、健康経営とは何かを解説したうえで、健康経営のメリットとデメリット、成功させるポイントについても説明します。この記事を読んで、ぜひ健康経営を成功させてください。

健康経営とは

健康経営のメリットとデメリットを考える前に、健康経営とはそもそもどのような考え方なのかを説明する必要があります。健康経営とは、「社員が健康であることが会社の利益につながる」という考え方のもと、健康を推進するような活動に積極的に投資していく経営手法のことです。

健康経営が注目されている背景には、日本を取り巻く超高齢化社会の問題があります。健康が社会的にも重要な課題になっている一方で、人手不足は深刻で、90歳まで働く社会が到来する可能性もあると言われています。90歳まで働くには、健康の維持は必須ですよね。また、高齢化社会になったことで、医療費も増えています。そのため、会社が負担する医療費を削減するためにも、病気をしないように普段から健康に気をつかう必要があるのです。経営的な視点で社員の健康管理に取り組むことは、社員だけでなく、会社にもメリットがあるのです。また、国や自治体も顕彰制度などを設けて、会社の健康経営を後押ししています。

健康経営のメリットは?

健康経営に取り組む会社が増えてきているのは、健康経営にメリットがあるからです。以下で紹介する4つのメリットは、すべて会社の売上向上につながります。

  • 医療費の削減につながる
  • 生産性が向上する
  • 良い人材が集まる
  • 企業イメージが向上する

これら4つのポイントを順に説明していきます。

1.医療費の削減

超高齢化社会になり、医療費の削減は国にとっても重要な課題の一つですが、会社にとっても重要な課題となっています。会社は社員の医療費を一部負担しているので、社員が病院に行く回数が減れば、会社が負担する医療費も減るからです。医療費の負担額は、会社の支出において一定の割合を占めていますので、この割合が減らせるのは経営的にもメリットが大きいでしょう。

2.生産性の向上

生産性が向上するのもメリットの一つです。健康と生産性は、一見すると結びつかないかもしれませんが、体の調子が悪いと仕事のパフォーマンスが落ち、結果として生産性が落ちるのです。また、体の調子が悪いと欠勤が増え、最悪の場合、退社になることもあります。これまで働いてくれた社員が退社すると、その後を引き継いだ人が慣れるまで生産性が落ちてしまいます。つまり、社員の健康と生産性は深く結びついているのです。

3.良い人材が集まる

「健康経営に力を入れている会社」ということが認識されれば、社員の健康に力を入れていることが企業のアピールポイントになります。さらに健康経営優良法人になればアピール効果も高くなります。健康経営優良法人認定制度は中小企業も対象になっており、健康経営優良法人になったことで、実際に求人に対する応募が増えたという企業もあります。人材を確保するのが難しい時代ですから、こうした制度によって人材が確保できるのは、中小企業にとって大きなメリットとなるでしょう。

4.企業イメージの向上

上述したように、健康経営を推進することによって、社員を大事にしている会社と認識されます。また、社員の「安全配慮義務」も順守していると認識されるため、リスクマネジメントの観点からもメリットがあるわけです。企業イメージの向上は、サービスの提供において優位に働く可能性があります。

健康経営のデメリットは?

健康経営にはメリットも多いですが、デメリットもあります。デメリットとしては次の5つが考えられます。

  • 効果が見えづらい
  • データの収集や管理にコストをかける必要がある
  • 専門家に頼む費用がかかる
  • 健康データの扱いの難しさ

ここでは、それぞれのデメリットについて説明していきます。

1.効果が見えづらい

健康は社員個々の体調の問題なので、必ずしも効果が数字で表れるとは限りません。同様に、生産性向上と社員の健康との関係が分かりづらいということもあります。投資対効果がどれくらいあるのか分からないことが、デメリットとして挙げられるでしょう。

2.データの収集や管理にコストをかける必要がある

健康経営に取り組むためには、社員個々のデータを収集、管理する必要があります。個人情報の管理を徹底するために人員を増やしたり、セキュリティー面を強化したりする場合、そのコストがかかります。

3.専門家に頼む費用がかかる

社員の健康について考えるのが健康経営ですから、健康に関する専門家の助言は不可欠です。専門家に頼むので、費用は当然かかります。場合によっては、健康管理の専門家だけでなく、労務管理の専門家やシステムの専門家の助言も必要になるかもしれません。

4.健康データの扱いの難しさ

健康経営を行うためには、社員の健康データを集める必要があります。しかし、健康データは個人情報です。社員の中には「自分の健康に関する情報を提出したくない」と感じる人もいるかもしれません。そうした社員に対して、どのようにプライバシーを確保するかを考える必要があります。また、情報管理の徹底も必要になってきます。

このようなデメリットがあるものの、社員の健康は会社全体で取り組む必要がある課題です。そのため、これらのデメリットを解決する工夫が必要になってきます。デメリットを把握して、健康経営を成功させる方法を考えましょう。

健康経営を成功させるポイントは?

健康経営にもデメリットはあるものの、取り入れたほうが会社にとってメリットは大きいです。健康経営を成功させるには、以下の4つのポイントが重要になります。

  • 社員の意識改革と協力
  • ワークライフバランスを考慮した制度改革
  • 予算の確保
  • 管理者のリーダーシップ

それでは以下、詳しく説明します。

1.社員の意識改革と協力

健康経営を成功させるためには、社員一人ひとりが健康に意識を向ける必要があります。そのためには、社員全員が一つのことを行うという方法が有効です。例えば、全社員が集まる朝礼での体操や、健康意識を高めるためにセミナーを実施するといった方法が考えられます。健康は大切だとなんとなく分かっていても、改めてその大切さを理解することで意識が変わります。また、健康診断を会社で行い、健康についての意識を持ってもらう必要もあります。健診車を会社に呼ぶのも方法の一つでしょう。

2.ワークライフバランスを考慮した制度改革

社員の健康は、ワークライフバランスと密接に関係します。ワークライフバランスは国も推奨しており、ワークライフバランスを大切にすることは、社員のモチベーション向上にもつながります。そのため、ワークライフバランスを考慮した制度の改革と、働き方の意識改革をすべきです。具体的には、有給取得の奨励が挙げられます。また、健康な社員には賞与を出すといったインセンティブを付けている会社もあります。健康であることで給料が上がるのであれば、積極的に健康になろうと思う社員も増えるはずです。健康についての相談には個人情報も含まれるので、相談窓口をしっかりと設置した方が良いでしょう。

3.予算の確保

健康経営は投資であるため、当然コストがかかります大切なのは、経営者自身が「健康経営は会社にとって利益になる」と認識することです。そのために、予算を毎年確保するようにしましょう。

4.管理者のリーダーシップ

健康経営を成功させるためには、管理者のリーダーシップが大切です。制度を変える際には、それを実践するように管理者が呼びかける必要があります。ただし、一方的にやるべきことを押し付けるのではなく、社員の意見を取り入れてより良い制度にしていく必要があります。社員の意見が反映された制度は実践されやすくなり、社員の意識も変わります。

これら4つを最初から同時におこなうのは困難かもしれません。まずはやれることからスタートしてみましょう。

まとめ

健康経営にはデメリットもありますが、長期的に見るとメリットの方が大きい経営手法です。健康経営を成功させるためには、制度改革だけでなく、社員の意識改革も重要になります。また、管理者のリーダーシップも不可欠です。健康経営を成功させるには、急に変えるのではなく、健康についてできることからやっていくことが大切です。社員の意見を取り入れながら、健康経営に取り組んでみましょう。

 

参考サイト

手間を省きたいなら・・・

専門のプロへご相談
イベントのご相談

株式会社IKUSAの

料金はこちら
料金について

運動会のプロに

すぐ相談
03-5960-0193 03-5960-0193

株式会社IKUSAの

人気の運動会の
資料ダウンロード