社内運動会の種目一覧

魔女の大玉

  • 同時参加人数~8名
  • 競技時間3分
  • 社内運動会
  • ファミリーイベント
  • 変わった運動会
  • 企業対抗戦
  • 社内コミュニケーション
  • チームビルディング
  • 競争型イベント
  • 働き方改革(場所・時間)
  • アイスブレイク
  • イベントプロモーション

ほうきを使って大玉を転がす競技。どこに大玉が転がるか予想しないと、とんでもない方向へ大玉が転がることも。ほうきは竹ぼうきがおすすめ。ほうきを使い慣れている人だとコツをつかみやすい。掃き掃除をする機会が多い子どもや主婦は、ほうきを扱い慣れているため有利かもしれない。

参加人数

8~100人程度を推奨

詳細ルール

・ 2チーム以上の参加が可能
・ 各チーム数人のグループを複数つくる
(例4人組×10チームなど)
・ 折り返し地点を準備する
(三角コーンを置くなど)
・ 1グループ目の人は、大玉とほうきを手元に置いてスタート地点で待機
・ スタート後、ほうきで大玉を転がしながらスタート地点と折り返し地点の間を1往復する
・ スタート地点に戻ったグループは、次のグループに大玉とほうきを渡す
・ 一番早くアンカーがゴールしたチームの勝利

魔女の大玉で勝利するためのポイント

チームワークがカギとなる。大玉が違う方向に転がらない工夫が大事。
・ メンバー全員が、同じ方向へほうきを動かして大玉を転がす
・ 大玉が違う方向にいった場合、ほうきを使って軌道修正することも大事
・ 身体から大玉が離れすぎないようにする
・ 大玉が転がる向きに沿ってほうきを使うと勢いが出る
・ 一定のリズムを維持して、ほうきで大玉を転がす

魔女の大玉に期待されるメリット

上記の内容から、下記のメリットが期待される
・ チームワークの向上
  →数人で大玉を転がすため、必然的にチームワークが必要となる。他メンバーのペースを考えてほうきを使うと、思いやりの精神が生まれやすい。
・ 掃除が好きになるかもしれない
  →掃除嫌いな子どもが魔女の大玉でほうきを使うことにより、掃除が好きになる可能性がある。掃除の魅力に気付いて積極的に掃き掃除をするようになる可能性がある。

魔女の大玉に関係するおすすめ競技

条件から検索

同時参加人数
一回あたりの競技時間
利用シーン※複数選択可
主な目的※複数選択可

手間を省きたいなら・・・

専門のプロへご相談
イベントのご相談

株式会社IKUSAの

料金はこちら
料金について

運動会のプロに

すぐ相談
03-5960-0193 03-5960-0193

株式会社IKUSAの

人気の運動会の
資料ダウンロード