社内運動会の種目一覧

はっきり綱引き

  • 同時参加人数~20名
  • 競技時間3分
  • 社内運動会
  • ファミリーイベント
  • 変わった運動会
  • 企業対抗戦
  • 社内コミュニケーション
  • チームビルディング
  • 競争型イベント
  • 働き方改革(場所・時間)
  • アイスブレイク
  • イベントプロモーション

コート中央に設置されている数本の棒を陣地に持ち帰るゲーム。棒は地面に置かれているケースもある。瞬発力・判断力が求められる種目となっている。設置される棒の本数は、人数によって異なる。ルールも分かりやすく、運動会で採用されることが多い。

参加人数

16~60人程度を推奨

詳細ルール

・ 各チーム、綱に沿って一列に並ぶ
・ スタートしたら、綱を引っ張り合う
・ 綱の中心に付いた風船が、陣地内に入ったチームの勝利。
・ 地面にお尻をつけて、綱を引いてはいけない
・ 一番後ろの人は、身体に綱を巻きつけてもOK

はっきり綱引きで勝利するためのポイント

綱の中心についた風船を、いかに陣地内へ引き寄せられるかがカギ。チーム一丸となり綱引きできるかが大事。
・ 綱の引っ張り具合を調整する
(力の緩急をつけると、敵チームのペースが乱れやすくなる)
・ 各メンバーが、綱のどちらに立つと力が入りやすいか考えて配置する
・ 背が高い人を綱の前方に、背が低い人を後方に配置する
・ メンバー同士で掛け声を出す
(例.わっしょいわっしょい、オーエスオーエスなど)
・ 身体全体を後ろに倒しながら引っ張る
(身体を倒しすぎると、完全に倒れるため要注意)
・ 滑り止め加工のシューズを履く
(スニーカーなど)
・ 相手チームが油断したところで、綱を手繰り寄せる

はっきり綱引きに期待されるメリット

上記の内容から、下記のメリットが期待される
・ チームワークの向上
  →団体競技のため団結力が生まれる。掛け声を出し合うと、より一層団結力が生まれやすくなり、助け合いの精神を生む。
・ 戦略力の定着
  →綱引きで勝利するにはメンバーの配置を考えるのも重要。相手チームに勝つための戦略を考える必要があるため、リーダーを中心に戦略力が定着しやすい。

はっきり綱引きに関係するおすすめ競技

条件から検索

同時参加人数
一回あたりの競技時間
利用シーン※複数選択可
主な目的※複数選択可

手間を省きたいなら・・・

専門のプロへご相談
イベントのご相談

株式会社IKUSAの

料金はこちら
料金について

運動会のプロに

すぐ相談
03-5960-0193 03-5960-0193

株式会社IKUSAの

人気の運動会の
資料ダウンロード