社内運動会の種目一覧

棒引き

  • 同時参加人数~30名
  • 競技時間3分
  • 社内運動会
  • ファミリーイベント
  • 変わった運動会
  • 企業対抗戦
  • 社内コミュニケーション
  • チームビルディング
  • 競争型イベント
  • 働き方改革(場所・時間)
  • アイスブレイク
  • イベントプロモーション

コート中央に設置されている数本の棒を陣地に持ち帰るゲーム。棒は地面に置かれているケースもある。瞬発力・判断力が求められる種目となっている。

設置される棒の本数は、人数によって異なる。ルールも分かりやすく、運動会で採用されることが多い。

参加人数

32~120人を推奨

詳細ルール

・ 2チーム以上での対戦
・ スタートするまで各チームは運動場の両サイドで待機
・ スタート後、運動場に設置された棒を味方の陣地に入れる
・ 陣地に棒を多く入れたチームの勝利
・ 棒を持てる箇所が指定されている場合もある
・ 敵陣地に入った棒を盗ってはいけない

棒引きで勝利するためのポイント

敵陣地に棒を持っていかれないための防御力、棒を選ぶ瞬発力、味方がピンチになったときに助けるチーム力がポイント。
・ 序盤でたくさんの棒を持ち帰る
・ 体力を温存するため、序盤では引っ張り合いにならない状況をつくる
・ 俊足なメンバーが多い方が有利
・ なるべく姿勢を高くして、棒を引っ張る
・ ピンチになっているメンバーがいたら助ける
・ 引っ張り合っても棒を取れそうにない場合は、別の棒に狙いを定める

棒引きに期待されるメリット

上記の内容から、下記のメリットが期待される
・ チームワークの強化
→敵チームに棒を奪われそうなメンバーを助けることで、思いやりの心が生まれるきっかけになり、部署内での仕事が円滑に進む可能性もある。
・ 粘り強さの向上
  →敵チームに対して一生懸命抵抗することが、粘り強さへの強化につながり、諦めない気持ちが生まれるきっかけに。仕事での困難に立ち向かう気持ちを養える可能性が高い。
・ 判断力の向上
→敵チームに目を付けられていない棒を持っていくべきか? 味方を助けるべきか? など、競技中は判断力が求められる機会が多いため、仕事での判断力向上につながる。
・ 瞬発力の向上
  →どの棒に狙いを定めるか瞬発性も求められる。仕事で活きる迅速な対応力がつく可能性がある。

棒引きに関係するおすすめ競技

 

条件から検索

同時参加人数
一回あたりの競技時間
利用シーン※複数選択可
主な目的※複数選択可

手間を省きたいなら・・・

専門のプロへご相談
イベントのご相談

株式会社IKUSAの

料金はこちら
料金について

運動会のプロに

すぐ相談
03-5960-0193 03-5960-0193

株式会社IKUSAの

人気の運動会の
資料ダウンロード