社内運動会の種目一覧

ドッヂボール

  • 同時参加人数~20名
  • 競技時間~5分
  • 社内運動会
  • ファミリーイベント
  • 変わった運動会
  • 企業対抗戦
  • 社内コミュニケーション
  • チームビルディング
  • 競争型イベント
  • 働き方改革(場所・時間)
  • アイスブレイク
  • イベントプロモーション

ボールを当てて相手チームのプレーヤーを減らしていく競技。ルールが分かりやすいため、小学生から大人まで楽しまれている。投球のコントロールとボールから逃げる判断力、瞬発力がカギとなる。

参加人数

2〜20人程度を推奨

詳細ルール

・ 最低2チームでの対戦
・ 3チーム以上の場合はリーグ戦や総当たり戦などで順位をつける
・ 内野と外野に分かれておく
・ 内野プレーヤーが、相手チームの投げたボールに触れた後、受け損ねてボールが地面に着けばアウト
・ アウトになったプレーヤーは外野へ出る
・ 外野プレーヤーは相手チームの内野プレーヤーをアウトにすることで内野へ入ることができる
・ 内野プレーヤーに当たったボールを、ノーバウンドのうちに味方が取った場合、当たったプレーヤーはセーフになる。
・ 試合時間経過後、より多くのプレーヤーが内野に残ったチームが勝利

ドッヂボールで勝利するためのポイント

ドッヂボールは、ボールを持つとすぐに投球して攻撃する判断力と、飛んできたボールから素早く逃げる瞬発力が重要。
・ ボールを受けてすぐに投げる瞬発力があるメンバーは積極的に攻撃役になればチーム全体の攻撃力が増す。
・ ボールを取り損ねた仲間をカバーするチームワークと臨機応変に行動する判断力が必要
・ ボールを持った相手チームの視線を読み、ボールがどこへ飛んでくるのかを判断することが重要
・ ボールを受け止める準備が整っていない時はできるだけ走って逃げる
・ ボールを持った内野が同チームの外野へ大きくパスすれば、逃げて集まった相手チームへの外野からの攻撃が効果的になる
・ 攻撃に自信のないプレーヤーほど、油断させてフェイント攻撃が効果的

ドッヂボールに期待されるメリット

玉入れは上記のような性質から、以下のような効果が期待される。
・ 瞬発力の向上
・ 筋力の向上
・ 判断力の向上
・ チームワークの強化

ドッヂボールに関係するおすすめ競技

条件から検索

同時参加人数
一回あたりの競技時間
利用シーン※複数選択可
主な目的※複数選択可

手間を省きたいなら・・・

専門のプロへご相談
イベントのご相談

株式会社IKUSAの

料金はこちら
料金について

運動会のプロに

すぐ相談
03-5960-0193 03-5960-0193

株式会社IKUSAの

人気の運動会の
資料ダウンロード